Mission

Open Regenerative
自宅でできる再生医療

は世界最先端の再生医療から生まれたDeep In Act(DIA)テクノロジーを応用し、メスや注射針を用いることなく、皮膚や角質層で保護された肌の奥深くに有効成分を浸透させる画期的な新技術を開発。全人類共通の悩みであった「シワ」と「シミ」に、まったく新しい角度から対処します。効果を裏付けする医療エヴィデンスのある化粧品・サプリメントをお届けすることを通じて、「誰もが自宅で体験できる再生医療」を広めていきます。

Vision

Free Aging Control
思い通りの老化・加齢コントロールを実現

「新薬の治験と同じ検証を行う、ただ一つの化粧品」として、の全商品は7つのクリニックを運営するWell Medical Groupとの連携により、数千〜1万人規模の治験をクリアしたのちに製品化。また、常に臨床データをアップデートし、最新のソリューションを反映させます。そうした体制から生み出される製品の正しい使用により、いまや肌年齢の時計の針を逆戻りさせるという考え方も可能な時代に。これからは、誰もが思い通りの老化・加齢コントロールを実現できるようになることを、は目指しています。

Positioning

化粧品でもなく、医療行為でもない。究極の自己再生アンチエイジング

「新薬の治験と同じ検証を行う、ただ一つの化粧品」として、は、老化によって数が減るサーチュイン遺伝子を活性化すると言われるNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)に着目。それを、メスや注射針を用いる医療行為ではなく「誰もが自宅で体験できる再生医療」として取り入れるための化粧品・サプリメントにしてお届けすることにより、究極の自己再生アンチエイジングの普及に貢献します。化粧品でもなく、医療行為でもない、独自の立ち位置から老化に立ち向かいます。

Philosophy

抗老化・抗加齢をコントロールする。人々に永遠の若さと美しさを提供する。

がDIAテクノロジーに着目し独自開発した製品は、世界の「最高の素材、最高の浸透技術」を必要とするため、大量生産ができません。しかし、サーチュイン遺伝子を活性化させ、老化の原因となるDNAの修復を可能とした画期的な製品により、これからは取り戻せないと思われてきた肌時間を取り戻せるように。再生医療の最前線のサイエンスから生まれたテクノロジーで、命ある間、永遠の若さと美しさが手に入れられるように。

About

  • 会社名
    株式会社remetech
  • 住所
    東京都中央区銀座8-12-8 PMO銀座八丁目 2F
  • 代表
    創業者 兼 CEO 新井洋和
    代表取締役 新井朋子
  • コンタクト
    info@reme-tech.com
  • 資本金
    9,000,000円
  • 設立
    2020年8月
創業者 兼 CEO 新井洋和
大学卒業と同時に東京渋谷にレストランをオープン。10年ほど数店舗のカフェやレストランなどを経営した後、当時のレストランのお客様がオーナーであるファンドに転職。レストラン、ホテル買収時のデューデリジェンス業務を担当。当時ホテルシステムとして主流であったIPTVからIOTシステムへの移行時期に、数社のIPTV会社の買収、個人のスマートフォンが部屋のコントローラーや鍵となるIOTシステムの開発に従事。その後、妻の潰瘍性大腸炎の悪化をきっかけに再生医療業界に転職。当時、東欧諸国で主流となっていた骨髄他家幹細胞治療のメディカルツーリズム業務に従事。2020年に株式会社remetech(Regenerative Medical Technology)を代表取締役 新井朋子とともに設立。
代表取締役 新井朋子
大学卒業後、システム開発会社にて、官公庁向け業務システム開発に従事。その後複数のベンチャー企業にて、e-Learningシステムやコンテンツの企画・開発に従事した後、創業者新井洋和とともにクロスボーダーのIOTシステム開発プロジェクトに参画。持病の潰瘍性大腸炎の悪化で海外での骨髄他家幹細胞治療を受け、自身の症状が回復したことから再生医療専門メディカルツーリズムのマネジメント・アプリケーションを開発。2020年に株式会社remetechを新井洋和とともに設立する。